婚約指輪で薬指に愛を飾ろう『最適ラブ・リング』

指輪

魅力あるデザイン

根強い人気を誇る婚約指環

ダイヤの指輪

結婚が決まった女性にとって、幸せを象徴するアクセサリーとして、婚約指輪が代表的なものと仕上げることが出来ます。 婚約指輪は、エンゲージリングとも呼ばれていることでも知られており、男性が女性にプロポーズする際に贈られるリングになります。 しかし、最近ではサプライズ的に贈るよりも、お二人で宝飾店に訪れて、女性が気に入った婚約指輪を選ぶ、というケースが多くなっています。 婚約指輪というと、立体的で華やかなデザインが印象深いリングとなります。特に真っ先に思い浮かぶのが、ソリティアと呼ばれる、立て爪で宝石を支えているデザインのリングではないでしょうか。 世界的に有名な宝飾店がデザインし、身に付けた際に美しく見えるとして知られています。

最近人気を集めるデザインのリング

立て爪タイプのリングは定番中の定番であることから、根強い人気を誇っています。 しかし最近では、価値観の多様化が広く認められる傾向から、立て爪タイプの他にも、様々なデザインのエンゲージリングが登場しています。 特に最近注目を集めているのが、マリッジリングとエンゲージリングの二つの指環を兼ねたウェディングリングになります。 立て爪タイプのリングは、その華やかなデザイン性の高さから、冠婚葬祭などの華やかな席での着用が好ましいとされています。 昨今人気を集めているタイプのリングは、フラットなリングの表面に小さな宝石が多数埋め込まれているなど、シンプルさの中にも華やかさもあることから、普段使いのリングとしても着用できます。

Copyright © 2015 婚約指輪で薬指に愛を飾ろう『最適ラブ・リング』 All Rights Reserved.